コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平福 ひらふく

3件 の用語解説(平福の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ひらふく【平福】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平福
ひらふく

兵庫県西部、佐用(さよう)郡佐用町の一地区。旧平福町。江戸初期に池田氏佐用(さよ)藩の城下町として建設され、その後旗本松平氏の陣屋町であった。また、出雲(いずも)街道(国道373号)沿いの宿場町であり、現在も切妻屋根などの町屋が約1キロメートルにわたって並ぶ。町屋の裏側は高瀬舟が上った佐用(さよ)川で、町屋が川に向かっても開く独特な景観を示している。町並み保存に努めており、町立平福郷土館がある。智頭(ちず)急行平福駅があり、国道373号が通じる。[大槻 守]
『『兵庫の町並――篠山・室津・平福』(1975・兵庫県教育委員会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平福の言及

【佐用[町]】より

…中心の佐用地区は山陽地方と山陰地方を結ぶ交通の要地にあり,古くから出雲街道,因幡街道の宿場町として栄えた。北部の平福(ひらふく)地区は江戸初期には佐用藩1万石の城下町で,現在も町並みに当時の面影が残る。農業は,養鶏と米作を主としているが,第3次産業に従事する人が増えている。…

※「平福」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平福の関連キーワード塗筆宿場町ひらふく平井隈山平賀晋民平出修甫平野次郎平野道治平野縫殿栄松山陽マルナカ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平福の関連情報