コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町並み保存 まちなみほぞん

世界大百科事典 第2版の解説

まちなみほぞん【町並み保存】

古いたたずまいを残した建造物群を,周囲の環境と一体として保存すること。そのための行政措置や住民運動など,さまざまな活動を含めていう。
[日本]
 日本においては,昭和30年代から40年代にかけて高度経済成長期を迎え,国土の再開発が進められ,全国各地に残っていた古い町並みが急速に破壊され,都市が個性を失った画一的な姿に変わるおそれが生じた。また町並みに近接してスケール,デザインともに不調和な巨大建築物,工作物が建設されるという事態も生じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

町並み保存の関連情報