コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平賀保秀 ひらが やすひで

2件 の用語解説(平賀保秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平賀保秀 ひらが-やすひで

?-1683 江戸時代前期の和算家。
下総(しもうさ)佐倉(千葉県)の人。今村知商(ともあき)の門下。はじめ堀田正信につかえたが,寛文元年(1661)常陸(ひたち)水戸藩にかかえられ,郡奉行となる。水戸藩の和算の草分けといわれ,また水戸市中の用水の設計,敷設につくした。門人に村松茂清。天和(てんな)3年8月3日死去。通称は勘右衛門。号は舟翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平賀保秀

没年:天和3.8.3(1683.9.23)
生年:生年不詳
江戸前期の和算家。通称勘右衛門。下総佐倉(佐倉市)の人。はじめ佐倉藩に仕えたが,寛文1(1661)年水戸藩の召に応じ水戸頼房,光圀に仕えた。郡奉行,水利事業で活躍。水戸藩の学問尊重の政策により暦算を学ぶ者が出たが,保秀はその草分け的存在である。和算を今村知商に学び,名人のひとりに数えあげられたが,著書はない。弟子に『算俎』の著者村松茂清がいる。実用面を重視しすぎ,有名なわりには数学そのものの実力は十分ではなかった。

(佐藤健一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平賀保秀の関連キーワード林定親秋保新左衛門嵐勘右衛門岸通昌柴村盛之宅間能清初坂重春花香安精宮城清行山田正重

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone