コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平賀保秀 ひらが やすひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平賀保秀 ひらが-やすひで

?-1683 江戸時代前期の和算家。
下総(しもうさ)佐倉(千葉県)の人。今村知商(ともあき)の門下。はじめ堀田正信につかえたが,寛文元年(1661)常陸(ひたち)水戸藩にかかえられ,郡奉行となる。水戸藩の和算の草分けといわれ,また水戸市中の用水の設計,敷設につくした。門人に村松茂清。天和(てんな)3年8月3日死去。通称は勘右衛門。号は舟翁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平賀保秀

没年:天和3.8.3(1683.9.23)
生年:生年不詳
江戸前期の和算家。通称勘右衛門。下総佐倉(佐倉市)の人。はじめ佐倉藩に仕えたが,寛文1(1661)年水戸藩の召に応じ水戸頼房,光圀に仕えた。郡奉行,水利事業で活躍。水戸藩の学問尊重の政策により暦算を学ぶ者が出たが,保秀はその草分け的存在である。和算を今村知商に学び,名人のひとりに数えあげられたが,著書はない。弟子に『算俎』の著者村松茂清がいる。実用面を重視しすぎ,有名なわりには数学そのものの実力は十分ではなかった。

(佐藤健一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

平賀保秀の関連キーワードオイゲン[サボイ公]ペドロ2世[ポルトガル王]伊藤仁斎オイゲン算額伊藤梅宇ウォルトンおさん茂兵衛隠し衣装コルベール