コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平野万里 ひらの ばんり

2件 の用語解説(平野万里の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

平野万里

明治~昭和期の歌人。東大卒。ドイツに留学。「明星」創刊に参加して活躍する。終生新詩社風を守った。歌集『若き日』を出版。遺稿『晶子鑑賞』がある。昭和22年(1947)歿、63才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平野万里 ひらの-ばんり

1885-1947 明治-昭和時代の歌人。
明治18年5月25日生まれ。一高在学中に与謝野(よさの)鉄幹に師事。北原白秋,石川啄木らとともに「明星」の主要メンバーとなる。昭和5年「冬柏(とうはく)」の編集主任。満鉄,農商務省の技師をつとめた。昭和22年2月10日死去。63歳。埼玉県出身。東京帝大卒。本名は久保(ひさよし)。歌集に「わかき日」。
【格言など】我を捉(と)る黒き瞳のわが前にあるをかなしみあらぬをうれふ(「わかき日」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

平野万里の関連キーワード四賀光子臼井大翼足立公平岩淵百合子岡千里川尻清野鈴木康文谷邦夫林古渓日原無限

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平野万里の関連情報