コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年切り トシギリ

デジタル大辞泉の解説

とし‐ぎり【年切り】

年によって、樹木の実がならないこと。幸運にあわないことのたとえ。としぎれ。
「今までになどかは花の咲かずして四十年(よそとせ)あまり―はする」〈後撰・雑一〉
あることのために年数を限ること。〈日葡

ねん‐きり【年切り】

年季奉公のこと。また、その契約を結んだ人。
「―の女に、名をひさと呼びて」〈浮・諸国ばなし・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

としぎり【年切り】

〔年によって切れる、の意〕 樹木が年によって果実を結ばないこと。多く、人が時運に恵まれないことをたとえていう。年切れ。 「いかでかく-もせぬ種もがな/大和 120
あることをするのに、年数に期限を設けること。年限。 〔日葡〕

ねんきり【年切り】

奉公人などの、約束した年限。契約した年季。 「手形の十年より外に-まして/浮世草子・一代男 8
年季奉公。また、その奉公人。普通、二年以上の長期のものをいう。 「一門衆から-置けとあれば/浮世草子・織留 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

年切りの関連キーワードルーチョ フォンタナ北海道横断自動車道シムズ タバックアーティチョーク浮世草子奉公人たとえ作男年数年限樹木果実期限大和時運

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年切りの関連情報