コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年挙 ねんきょ

大辞林 第三版の解説

ねんきょ【年挙】

紀伝・明経みようぎよう・明法みようぼう・算の四道および勧学院・奨学院・学館院が、その学生がくしようを毎年または隔年に諸国の掾じように推挙したこと。四道三院の年挙。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の年挙の言及

【学館院】より

…その後も橘氏はふるわず,学館院もいつしか廃滅したようで,1147年(久安3)にその再興の議が起こったときには,その跡地はすべて田になっていたといい,結局再興しなかったらしい。ただし大学別曹の権利として諸氏出身者が年1人諸国の掾(じよう)に任官する三院の年挙(ねんこ)の慣例は残り,また学館院別当の職名と若干の学館院領とは,中世にも存続していた。【土田 直鎮】。…

【勧学院】より

…学生は入院名簿を出して勧学院に入るが,盛時にはその数も多数にのぼったと思われ,元服前の幼少の小学生もいた。成績優秀な者には勧学院学問料が支給されるが,これは文章得業生に昇進する有力な資格であり,また毎年1人が諸国の掾(じよう)に任官する年挙(ねんこ)という特権も勧学院に与えられていた。これらの学生からは多数の学者や官人が出て藤原氏の勢力発展を助けた。…

※「年挙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

年挙の関連キーワードワンヤンアクダ(完顔阿骨打)フィリップ スノーデン原水爆禁止世界大会国民精神総動員運動シュトレーゼマンザンジュの乱豊田[市]豊田喜一郎スタンレー林【じょ】スノードン小田熊太郎大庭景親真木和泉相良武任新田貞方大庭景義近藤国平天武天皇樋口兼光

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android