コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奨学院 しょうがくいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奨学院
しょうがくいん

平安時代の大学の寄宿施設である別曹の一つ (→大学別曹 ) 。藤原氏の勧学院にならって,元慶5 (881) 年在原行平が創設した。皇族出身者である源氏,平氏,在原氏などの子弟を収容した。勧学院の西隣に建てられ,昌泰3 (900) 年には大学南曹と呼ばれている。職員として別当 (→長官 ) ,学頭などがおかれ,別当には源氏第一の公卿がなった。平安時代末期に実質は衰微したが,奨学院別当の名称は,淳和院別当とともに源氏が世襲した。室町幕府3代将軍足利義満以後は,室町,江戸両幕府を通じて,歴代将軍が両院別当となり,形式的に江戸時代末期まで存続した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうがく‐いん〔シヤウガクヰン〕【奨学院】

平安時代の大学別曹の一。元慶5年(881)在原行平が設置した私設学寮諸王・同族子弟を教育し、平安末期には衰えたが、形式上の別当職は江戸時代まで続いた。大学南曹。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

奨学院【しょうがくいん】

平安時代の大学別曹(べっそう)の一つ。在原行平(ありわらのゆきひら)が藤原氏の勧学(かんがく)院にならい,諸王・同族の子弟の教育のため881年に設置。900年大学寮の南曹(なんそう)となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうがくいん【奨学院】

大学別曹の一つ。平安時代前期には,大学寮に学ぶ各氏族の子弟のための寄宿施設が相次いで設けられ,これが大学寮付属の施設として公認され大学別曹となった。これらの一つとして,和気氏の弘文院,藤原氏の勧学院,橘氏の学館院についで,881年(元慶5)勧学院の西に設けられたのが奨学院である。創立者は平城天皇の皇孫に当たる在原行平で,設立の目的は,皇族や賜姓源氏などの子弟で大学寮に学ぶ者を寄宿させ,また学資を給することにあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうがくいん【奨学院】

平安時代の私的教育施設の一。881年諸王・同族子弟の教育機関として、在原行平が設立。900年に大学別曹として公認され、勧学院とともに南曹と呼ばれた。平安末期には衰えたが、その別当職は江戸末期まで形式的に存続した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奨学院
しょうがくいん

平安時代の大学別曹(べっそう)。881年(元慶5)在原行平(ありわらのゆきひら)が左京三条、大学寮の南、勧学院の西に創設。皇親、諸王をはじめ、賜姓(しせい)源氏、同平氏一族の子弟が寄宿し、大学に通った。900年(昌泰3)大学寮南曹として公認され、勧学院を範として運営され、別当、学頭などを置いた。12世紀には衰えた。奨学院別当職は、そのころから村上源氏の者が、淳和院(じゅんないん)別当とともに世襲し、のちに足利義満(あしかがよしみつ)が源氏長者として両院別当を兼ね、以後、源氏長者たる将軍の世襲として、江戸末期まで続いた。[大塚徳郎]
『桃裕行著『上代学制の研究』(1947・目黒書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の奨学院の言及

【大学別曹】より

…大学寮の南に近接して設けられたものは,大学寮南曹とも呼ばれた。大学別曹には,和気氏の弘文院,藤原氏の勧学院,橘氏の学館院,源氏など王氏の奨学院がある。別当,知院事などの職員が置かれ,いずれも各氏族の財源によって運営された。…

※「奨学院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奨学院の関連キーワード淳和奨学両院の別当淳和奨学両院別当七大私学中院通頼中院通冬久我長通三院年挙

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android