コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年金改正(2004年) ねんきんかいせい/2004ねんねんきんかいせい/にせんよねんねんきんかいせい

知恵蔵の解説

年金改正(2004年)

2004年の財政再計算に基づき、04年6月、年金改革法が成立した。主な改正点は、(1)13.58%の厚生年金保険料を04年10月から毎年0.354%ずつ引き上げ、17年に18.30%(労使折半)になったところで固定する、(2)年金給付は負担の範囲内でバランスがとれるようにし、現役男子の平均的な手取り収入の59.3%となっている標準的な年金を、マクロ経済スライドにより、23年度に50.2%まで抑制するが、最低でも半分(50%)の水準は保障する、(3)基礎年金の国庫負担を04年度から5年をかけて2分の1に引き上げる、など。こうした改革や積立金の計画的な取り崩しによって、年金財政は今後100年間は安定するとしている。しかし、この改正では将来の出生率を1.39と想定しているが、法律成立の直後に03年の合計特殊出生率が1.29に落ち込んだ(1.25ショック参照)。このほか、女性の関心が高い第3号被保険者や、厚生年金をパート労働者にも広げる問題は、5年後に先送りされた。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

年金改正(2004年)の関連キーワード年金改正(2000年)支給開始年齢引き上げポイント制(年金の)学生納付特例制度若年納付猶予制度国会議員互助年金世代間の不公平社会保険庁改革在職老齢年金年金交付国債保険料免除国民年金遺族年金障害年金船員保険保険方式年金分割母子年金財政検証税方式

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android