コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクロ経済スライド まくろけいざいすらいど

知恵蔵の解説

マクロ経済スライド

年金額を決める際、物価賃金だけでなく、年金支え手である現役世代の減少や、高齢化により年金を受ける期間が延びることなどを反映させる仕組みのこと。2004年の年金改正で導入され、これにより年金の給付水準を抑制する。具体的には、賃金の伸びや物価の伸びからスライド調整率(公的年金全体の被保険者の減少率0.6%、平均余命の増加0.3%)を差し引く。この調整は04年度から23年度まで続くが、その間は物価や賃金が大きく伸びても0.9%削減される。ただし、年金が名目以下になる場合は、年金額の伸びがゼロの時点でとどめられるので、名目の年金額がマイナスになることはない。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マクロ経済スライド

少子高齢化が進んでも年金財政が維持できるように、年金給付額の伸びを物価上昇率より0・9%分抑える仕組み。ただ、物価下落時には適用しないルールで、2004年の導入以来、一度も実施されたことがない。政権はデフレ下でも実施できるようにする見直し案を検討していた。

(2011-11-12 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

マクロけいざい‐スライド【マクロ経済スライド】

少子高齢化により現役世代の比率が減少する中で公的年金制度を持続可能にするため、年金給付額を抑制する仕組み。物価や現役世代の賃金が上昇した場合も、平均余命が延びていることや年金の被保険者(負担者)の減少を理由に、給付額の伸びを低く抑える。平成16年(2004)の年金改正で導入された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクロ経済スライド
まくろけいざいすらいど

公的年金の支給額を決める際、年金に加入する現役世代の減少や、受給者の長寿命化などを反映させること。従来、物価や賃金の動向を反映させて支給額を決めてきたが(物価スライド)、少子高齢化の進展(現役世代の減少、高齢者の長寿命化)により、この方式だけでは対応しきれなくなった。そこで現役世代と受給世代のバランスを確保するためのマクロ的な仕組みとして、2004年(平成16)の年金制度改正で、給付水準抑制のために導入された。具体的には、賃金や物価の伸びからスライド調整率を差し引くことで計算される。少なくとも5年に1度のペースで給付水準を検証し、スライド調整率を決定する。ただし、賃金や物価の伸びがない、いわゆるデフレ経済下ではマクロ経済スライドは適用せず、特例水準での年金支給を続ける。デフレ脱却により、2015年度からは特例水準による支給はなくなる見通しである。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マクロ経済スライドの関連キーワード年金改正(2004年)厚生年金保険年金保険制度所得代替率国民年金

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクロ経済スライドの関連情報