コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幼児虐殺 ようじぎゃくさつMassacre of the Innocents

世界大百科事典 第2版の解説

ようじぎゃくさつ【幼児虐殺 Massacre of the Innocents】

新約聖書《マタイによる福音書》2章16~18節に見られるイエスの幼児期に関する物語。嬰児(えいじ)虐殺ともいう。ベツレヘムにユダヤ人の王となる救世主が生まれたことを知ったヘロデ大王は,それを確かめるため,東方から来た三博士を遣わす。幼児イエスを拝んだ博士たちは夢のお告げでヘロデの悪意を知ると,彼のもとには戻らずにそのまま故国に帰る。博士たちに裏切られた王は激怒し,ベツレヘムとその周辺地方の2歳以下の男児を一人残らず殺害したが,イエスとその家族は,ヨセフの夢にあらわれた天使のお告げに従い,虐殺の前にエジプトに逃れ,ヘロデが死ぬまでそこにとどまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幼児虐殺の関連キーワードキリストの幼時トゥルニエボルテラ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android