コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広域汚染 こういきおせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広域汚染
こういきおせん

大都市など公害発生源が広範囲に密集したり,コンビナートのように汚染物の大量発生源が存在するため,広い地域にわたって発生する汚染。汚染エリアのなかに多様な汚染発生源があるため,大気では硫黄酸化物窒素酸化物オゾン粉塵などが,水域では重金属類有機塩素化合物界面活性剤などの汚染・汚濁が複合して発生し,これが被害をさらに大きくしたり,汚染物質が互いに影響し合って2次汚染を引起したりしている。こうした地域では拡散理論による濃度規制では公害防止は不可能で,地域の環境容量から割出した総量規制がとられている。ヨーロッパなどでは,隣国の工業地域から発生する公害が大気や河川を通じて国内に被害をもたらす場合もあり,越境汚染に対処するため多国間協定が締結されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

広域汚染の関連キーワード局地汚染

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android