コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機塩素化合物 ゆうきえんそかごうぶつchlorinated organic compounds

3件 の用語解説(有機塩素化合物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機塩素化合物
ゆうきえんそかごうぶつ
chlorinated organic compounds

炭素に結合した塩素を含む有機化合物。燃えにくい,油をよく溶かす,生物の増殖を抑制するなどの性質を利用して,非常に多くの用途がある。しかし,一般に環境中で分解されにくく,生物に対して毒性をもつことから,その環境汚染が懸念されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

有機塩素化合物【ゆうきえんそかごうぶつ】

炭素を含む化合物(有機化合物という)と塩素が結合したもの。多くの種類があるが,抗生物質クロラムフェニコールなどを除き,ほとんどは人工的に作り出したもの。塩素の作用によって生物の体内に蓄積されやすいものが多く,この性質を利用してDDTBHCディルドリン,エルドリン,エンドリンクロルデンなどの殺虫剤がつくられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうきえんそかごうぶつ【有機塩素化合物】

塩素を含む炭素化合物。 DDT ・ PCB ・ダイオキシン・塩化ビニルなど、多くは人体や環境に有害。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有機塩素化合物の関連情報