コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機塩素化合物 ゆうきえんそかごうぶつchlorinated organic compounds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機塩素化合物
ゆうきえんそかごうぶつ
chlorinated organic compounds

炭素に結合した塩素を含む有機化合物。燃えにくい,油をよく溶かす,生物の増殖を抑制するなどの性質を利用して,非常に多くの用途がある。しかし,一般に環境中で分解されにくく,生物に対して毒性をもつことから,その環境汚染が懸念されている。化学物質審査法で製造・使用が禁止されたり,制限されている化学物質の多くは有機塩素化合物である。含まれる元素の種類や炭素の数の違いによって,有機塩素化合物の種類は多いが,特に環境汚染の面から大きく2つの種類に分けられる。1つは DDT (ジクロロジフェニルトリクロロメタン) ,クロルデンなど,有機塩素系農薬や PCB (ポリクロルビフェニル) に代表される生物に濃縮されやすい有機塩素化合物であり,製造・使用が禁止されてからも長い間,環境を汚染し,生物に影響を与え続ける。毒性が高く,非意図的に形成されるダイオキシンもこの種の有機塩素化合物の一つである。2つめは,トリクロロエチレンなどの揮発性の有機塩素化合物であり,生物に濃縮されにくい性質をもっている。これらの物質は,揮発しやすいため,大気を汚染する一方で,土壌に吸着されにくいため,地下水を汚染しやすく,複数の環境を汚染する代表的な有害化学物質である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

有機塩素化合物【ゆうきえんそかごうぶつ】

炭素を含む化合物(有機化合物という)と塩素が結合したもの。多くの種類があるが,抗生物質クロラムフェニコールなどを除き,ほとんどは人工的に作り出したもの。塩素の作用によって生物の体内に蓄積されやすいものが多く,この性質を利用してDDTBHCディルドリン,エルドリン,エンドリン,クロルデンなどの殺虫剤がつくられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうきえんそかごうぶつ【有機塩素化合物】

塩素を含む炭素化合物。 DDT ・ PCB ・ダイオキシン・塩化ビニルなど、多くは人体や環境に有害。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

有機塩素化合物の関連キーワード内分泌攪乱物質・内分泌撹乱物質環境汚染物質排出移動登録制度バイオレメディエーション世界の環境問題(年表)ドライクリーニングヘキサクロロエタン浄水器に関する注意トリクロロエタンフッ(弗)素樹脂トリハロメタンダイオキシン類オゾン層破壊抽出(化学)PCB中毒塩化ビニル炭素化合物地下水汚染環境容量広域汚染フロン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android