コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境容量 かんきょうようりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環境容量
かんきょうようりょう

ある地域の人,動植物,土壌,水,大気などすべての自然が,汚染物質によって変化あるいは損傷を受けることなく,また自然の生態系の平衡状態を保つよう自然の浄化力が十分に及ぶ状態が保たれる範囲。その地域に汚染物質あるいは排エネルギーの排出量がどこまで許容できるのかを具体的に算出することは,現在の科学ではなお困難である。そこで,環境破壊を現実に行なっているもののうち,特に重要な物質について,許容量を定めることになる。許容量が決ると,その地域の排出可能量が決るので,これをもとに,各発生源ごとの排出規制基準を定めることができる。実際には,環境基準を定め,環境基準を維持できる環境容量を算出して,これに合せて,地域の総量規制を実施することになる。すでに,日本では硫黄酸化物窒素酸化物,化学的酸素要求量 (COD) などについて総量規制が実施され環境容量内に環境負荷を抑え込もうとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんきょう‐ようりょう〔クワンキヤウヨウリヤウ〕【環境容量】

自然界で、汚染物質を生物的、化学的、物理的に分解・浄化する能力の限度。また、この分解・浄化能力に対して、一定の地域が許容できる汚染の容量。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんきょうようりょう【環境容量】

環境が水循環・生物循環によって浄化できる汚染の許容量。循環によって浄化できない放射能や有機塩素化合物について環境容量を設定することは困難である。また、地域の植生によって扶養できる家畜の頭数などをいうこともある。エンバイロメンタル-キャパシティー。
一定の地域あるいは地球上で扶養できる人口。キャリング-キャパシティー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

環境容量の関連キーワードキャパシティーキャリング広域汚染都市交通自然界

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android