コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広島国際アニメーションフェスティバル

2件 の用語解説(広島国際アニメーションフェスティバルの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

広島国際アニメーションフェスティバル

世界4大アニメーションフェスタの一つ。2年に1度、広島市で開催される。メーンイベントのコンペティションでは今回、過去最多の2217の応募作品から厳選された59作品を上映。過去のコンペでは手塚治虫氏や、「木を植えた男」でアカデミー賞短編アニメ賞を受賞したフレデリックバック氏(カナダ)らがグランプリに輝いた。

(2014-08-18 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広島国際アニメーションフェスティバル
ひろしまこくさいあにめーしょんふぇすてぃばる
Hiroshima International Animation Festival

広島市で「愛と平和」のテーマのもと、隔年開催されている国際的なアニメーション映画祭。主催は同実行委員会と広島市ほか。創立以来長年にわたり、フェスティバルディレクターを木下小夜子(きのしたさよこ)が務めている。1985年に広島市被爆40周年記念事業の一つとして創設され、国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)公認、アメリカ・アカデミー賞公認映画祭。国際審査員によってグランプリ、ヒロシマ賞、デビュー賞、木下蓮三(きのしたれんぞう)賞などが選ばれる短編アニメーション作品のコンペティション(公開審査)を中心に、特集上映、セミナー、シンポジウム、ワークショップ、展示、教育機関参加によるフィルムマーケットなどで構成される。日本で紹介されることの少ない世界の最新短編アニメーション作品の秀作が一堂に会する貴重な機会となっている。第1回大会のコンペティション応募は36か国・地域の349(入選69)作品、手塚治虫『おんぼろフィルム』(日本)がグランプリ受賞。第14回大会(2012)は世界63か国・地域から2110(入選66)作品の応募があり、観客総数は延べ約3万5000人。過去のおもなグランプリ受賞作品は、1987年第2回大会のフレデリック・バックFrdric Back(1924―2013)の『木を植えた男』(カナダ)、1998年第7回大会のシルヴァン・ショメSylvain Chomet(1963― )の『老人とハト』(フランス/カナダ)、2004年第10回大会の山村浩二(やまむらこうじ)(1964― )『頭山』(日本)など。大会運営には定評があり、アヌシー(フランス)、ザグレブ(クロアチア)、オタワ(カナダ)と並び、世界四大アニメーションフェスティバルと称される。[小出正志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広島国際アニメーションフェスティバルの関連キーワードアニメクレーアニメーションジャパニメーション加藤久仁生GIFアニメーションストップモーションアニメーション人形アニメーションアニメーションノート日本アニメーション学会アニメーション歩法 (animated gait)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広島国際アニメーションフェスティバルの関連情報