コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広川弘禅 ひろかわこうぜん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広川弘禅
ひろかわこうぜん

[生]1902.3.31. 福島
[没]1967.1.7. 東京
政治家。苦学し駒澤大学中退。東京市議会議員,都議会議員を経て 1940年衆議院議員に当選。第2次世界大戦後,自由党吉田茂側近の党人派政治家として重用され,幹事長,総務会長,農相歴任した。しかし 53年,党内抗争から吉田に反旗を翻し農相を罷免され,鳩山一郎の分党派自由党に投じたが,同年の総選挙で落選。 55年カムバックしたが,不遇のまま死去。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広川弘禅 ひろかわ-こうぜん

1902-1967 昭和時代の政治家。
明治35年3月31日生まれ。東京府会議員をへて,昭和15年衆議院議員(当選6回)。戦後,吉田茂の側近として第3・第4次吉田内閣の農相。また民主自由党幹事長,自由党総務会長などを歴任。28年吉田と対立し,鳩山派に属した。昭和42年1月7日死去。64歳。福島県出身。曹洞宗大(現駒沢大)中退本名は弘。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

広川弘禅の関連キーワード自由党(1950年結成)都議会議員昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android