コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広渡心海 ひろわたり しんかい

美術人名辞典の解説

広渡心海

江戸前期の画家。肥前の人。武雄家に仕え、のち出家して心海と号す。狩野派の画を能くし、法橋に任ぜられる。延保2年禁裏造営の際御用を蒙る。貞享年間(1684~87)の人。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広渡心海 ひろわたり-しんかい

1596-1685 江戸時代前期の画家。
慶長元年生まれ。肥前武雄(たけお)(佐賀県)の人。狩野洞雲の門人。武雄鍋島家の絵師となり,長崎で末次小左衛門(のちの広渡一湖)に画法をおしえる。延宝2年御所造営のとき,師の洞雲とともに障壁画をえがいた。法橋(ほっきょう)。貞享(じょうきょう)2年死去。90歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

広渡心海の関連キーワード心海(2)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android