コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広渡一湖 ひろわたり いっこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広渡一湖 ひろわたり-いっこ

1644-1702 江戸時代前期の画家。
正保(しょうほ)元年生まれ。長崎で広渡心海にまなび,その姓をつぐ。のち来日中の清(しん)(中国)の陳清斎や渡辺秀石に師事した。元禄(げんろく)12年長崎奉行により唐絵目利(からえめきき)兼絵師にえらばれ,渡辺派とともに長崎画壇の中心となった。元禄15年死去。59歳。肥後(熊本県)出身。本姓末次。通称は小左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

広渡一湖

没年:元禄15(1702)
生年:正保1(1644)
江戸前期の画家。熊本細川家の御抱絵師末次弥次兵衛の弟。長崎に移って広渡心海に師事し,姓も譲り受けた。のちに来日した清の画家陳清斎に画法を学ぶ。元禄12(1699)年唐絵目利兼御用絵師に任ぜられ,渡辺家とともに長崎のアカデミー画壇の中心となる広渡家の礎を築いた。

(佐藤康宏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

広渡一湖の関連キーワードウィリアム(3世)ウィリアムウィリアム[3世]岩村藩アン女王ウィリアム[3世]ウィリアムアンウィリアム3世カバリエ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android