コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広田彦麿 ひろた ひこまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広田彦麿 ひろた-ひこまろ

1830-1896 幕末-明治時代の神職。
天保(てんぽう)元年生まれ。郷里筑後(ちくご)(福岡県)の広田八幡宮祠官。西原晁樹(あさき)に国学をまなぶ。尊攘(そんじょう)運動にはいり,東征大総督有栖川宮熾仁(ありすがわのみや-たるひと)親王にしたがう。明治4年広沢真臣(さねおみ)暗殺の嫌疑で投獄されるが,9年無罪となった。明治29年8月1日死去。67歳。変名は筑紫速雄。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

広田彦麿の関連キーワード深刻小説民衆を導く自由の女神シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩強制栽培制度