コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広食性 こうしょくせい

2件 の用語解説(広食性の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

こうしょくせい【広食性】

動物の食餌しよくじの選択範囲が広い性質。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広食性
こうしょくせい

動物の食物の選択範囲が広いことをいい、狭食性の対語。動物性の食物と植物性の食物をあわせて食べるいわゆる雑食性のほか、多種類の動物あるいは植物を食べる場合がこれにあたる。一般にこの性質を示す動物は、餌(えさ)となる生物相の変化に耐える力があるといわれているが、一方、同じ食物に対する狭食性動物との競争においては不利であると考えられる。つまり、環境変化や他種の動物がいることによって食物が変化し、選択の範囲が狭められることもある。たとえば樹木の葉、若芽、草を食べるシカや、昆虫のほか、木の実も食べるヒヨドリ、魚からエビ、カニや水生昆虫も食べるウナギなどがこの性質を示す動物に含まれる。[高村健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の広食性の言及

【食性】より

… これとは別に,食べている生物の種類の多少に着目した食性の分け方もある。それは,単食性monophagous(ただ1種の生物しか食べない),狭食性stenophagousまたは少食性oligophagous(少数種の生物を食べる),広食性euryphagousまたは多食性polyphagous(多数種の生物を食べる)という区分であって,動物生態学では重要な概念である。 なお,食性と採食習性,つまり何を食べるかと,どうやって食べるかは,基本的には別の問題だが,しばしば混同されている。…

※「広食性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone