コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庭瀬城 にわせじょう

1件 の用語解説(庭瀬城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

にわせじょう【庭瀬城】

岡山県岡山市北区にあった平城(ひらじろ)。1559年(永禄2)、備中国の三村家親が、備前国の宇喜多直家(うきたなおいえ)の侵攻に備えるため、撫川城(なつかわじょう)の曲輪(くるわ)の一部を利用して築かせたと伝えられている。1600年(慶長5)、関ヶ原の戦いの戦功によって戸川達安が入封し、城の拡充を図った。しかし、1679年(延宝7)、世継ぎがいなかったため戸川氏が断絶、その後20年間は倉敷代官所の支配下に置かれた。1699年(元禄12)、板倉重高(いたくらしげたか)が入城、以降明治維新まで板倉氏が10代つづいたが、1869年(明治2)に廃城となった。現在、城跡の大部分は住宅地となったが、石垣と堀を残している。JR山陽本線庭瀬駅から徒歩10分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

庭瀬城の関連キーワード山盛岡山一番街岡山シーガルズ岡山タカシマヤ岡山ビブレKANKOスタジアム天満屋 岡山店ペスカ岡山みさほ鶴

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone