コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉氏 いたくらうじ

4件 の用語解説(板倉氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板倉氏
いたくらうじ

江戸時代の譜代大名清和源氏。足利氏の一族渋川氏より出た。下野国足利郡板倉に住したので,板倉氏を称した。戦国時代,頼重は三河国額田郡小美村に住み,以降代々松平氏に仕えた。その孫勝重は,徳川家康に仕え,駿府町奉行江戸町奉行京都所司代を歴任し,慶長 14 (1609) 年,山城,近江両国で1万 6000石。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

板倉氏【いたくらうじ】

江戸時代譜代大名。下野国足利郡板倉のおこり。徳川家康の重臣板倉勝重と子重宗は京都所司代を歴任,在職中の施政の大要を記した《板倉政要》《板倉新式目》は幕府の京都支配を知るうえで重要。
→関連項目福島藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いたくらうじ【板倉氏】

江戸時代の譜代大名。下野国足利郡板倉におこり,のち三河国額田郡小美村に住し,松平氏に仕えたという。徳川家康に仕えた勝重は,駿府町奉行・江戸町奉行を経て,京都所司代となり,1609年(慶長14)には,山城で1万6600石を領した。勝重の子重宗も,勝重を継いで所司代となり,退任後の1656年(明暦2)下総国関宿で5万4000石を領した。その後板倉氏は,61年(寛文1)伊勢亀山,1710年(宝永7)志摩鳥羽,17年(享保2)に再び亀山,44年(延享1)備中松山へと転じ,廃藩を迎えた(松山藩(備中))。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板倉氏
いたくらうじ

江戸時代の譜代大名(ふだいだいみょう)家。足利泰氏(あしかがやすうじ)二男義顕(よしあきら)を祖とする渋川氏を家系としているが、系譜に断絶があるなどして、事実は疑わしい。深溝(ふこうず)松平氏に仕えた好重(よししげ)の子勝重は家康に召し出され、しだいに重用され、1601年(慶長6)に京都所司代とされた。その子重宗(しげむね)もまた父の跡を継ぎ1654年(承応3)までその任にあった。重宗には下総(しもうさ)(千葉県)関宿(せきやど)城が与えられた。その後、封地に変遷があり、備中(びっちゅう)松山(高梁(たかはし)藩)5万石に移った。幕末維新期に出た勝静(かつきよ)は老中として活躍し、戊辰戦争(ぼしんせんそう)では箱館(はこだて)まで転戦している。勝重の二男重昌(しげまさ)は島原の乱(1637~38)に上使として赴き戦死した。この家系も大名(三河重原(しげはら)藩)となっている。このほかにも一族に大名家(安中(あんなか)藩)、旗本家がある。[林 亮勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の板倉氏の言及

【烏山[町]】より

…この城は那須氏によって伝領支配されてきたが,1590年(天正18)豊臣秀吉による関東制圧のとき,城主那須資晴は追放され,以後,成田,松下,堀,板倉,那須,永井,稲垣と激しい城主交替を続けたが,1725年(享保10)大久保氏が2万石(のち3万石)で入封し廃藩置県に至った。そのなかで1672年(寛文12)に就封した板倉氏の治世期間は9ヵ年にすぎなかったが,給人地方知行制の廃止や寺院,町人屋敷を郭外に移す区画整理を断行した。大久保氏初代の常春は,8代将軍吉宗の信任厚く老中に抜擢(ばつてき)されたが,就封の翌年に藩庁に提出された差出帳によると,烏山町は6町からなり,その戸数合計は325軒,人口は2087人,馬数は98疋となっていた。…

【備中国】より

…ついで鳥取城主池田長幸が1617年(元和3),6万5000石を領して松山に入城して松山藩を立藩した。その後,水谷(みずのや)氏(5万石),安藤氏(6.5万石),石川氏(6万石)を経て,1744年(延享1)以降は板倉氏(5万石)が襲封し,維新時の藩主勝静(かつきよ)は老中の一人として活躍した。 関ヶ原の戦直後に立藩したものに浅尾,足守,庭瀬の諸藩がある。…

【福島藩】より

…正仲,正虎と続き1700年(元禄13)再び山形へ転じた。02年信濃国坂木より板倉重寛が3万石で入部,明治維新まで板倉氏が12代160年余にわたって在封した。初代重寛から3代勝里にかけて福島城の修築が行われ,城下町も整備されて7町となって,各町には検断が置かれた。…

【松山藩】より

…1617年(元和3)鳥取城主池田長幸が6万5000石で松山に入城し,松山藩政が始まる。その後,領主は水谷(みずのや)氏5万石,安藤氏6万5000石,石川氏6万石を経て,1744年(延享1)以降は板倉氏が,備中国上房,川上,賀陽,下道,哲多,阿賀,浅口7郡の内で5万石を襲封して明治維新に及んだ。藩治で見るべきものには,水谷氏治下での新田開発,松山(高梁)川改修,城下町形成,維新時の藩主板倉勝静(かつきよ)による儒者山田方谷(ほうこく)を登用しての財政改革,産業奨励,文教刷新などがある。…

※「板倉氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

板倉氏の関連キーワード詰衆譜代大名菊の間外様大名三河衆御門番足利藩群馬県邑楽郡板倉町板倉群馬県邑楽郡板倉町岩田群馬県邑楽郡板倉町離

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

板倉氏の関連情報