コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延嘉年銘金銅如来立像(読み)えんかねんめいこんどうにょらいりゅうぞう(英語表記)Yǒng-anyǒnmyǒng Kumdong-bul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

延嘉年銘金銅如来立像
えんかねんめいこんどうにょらいりゅうぞう
Yǒng-anyǒnmyǒng Kumdong-bul

韓国,慶尚南道宣寧で,1963年7月に発見された金銅仏。全高 16cm。国宝,ソウルの韓国国立中央博物館蔵。出土地は半島南端であるが,光背裏面に「延嘉七年歳在己未高麗国楽良東寺…」の造像銘があり,安原王9 (539) 年に千仏信仰を背景として,高句麗の平壌で造られたものであろう。像は光背から台座まで一鋳製で,衣文の彫りが深く,衣端に張りのある北魏後半期の彫刻様式を踏襲しており,台座の細長い肉厚の蓮弁は高句麗の特色をよく表わしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android