コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延嘉年銘金銅如来立像 えんかねんめいこんどうにょらいりゅうぞう Yǒng-anyǒnmyǒng Kumdong-bul

1件 の用語解説(延嘉年銘金銅如来立像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

延嘉年銘金銅如来立像
えんかねんめいこんどうにょらいりゅうぞう
Yǒng-anyǒnmyǒng Kumdong-bul

韓国,慶尚南道宣寧で,1963年7月に発見された金銅仏。全高 16cm。国宝,ソウル韓国国立中央博物館蔵。出土地は半島南端であるが,光背裏面に「延嘉七年歳在己未高麗国楽良東寺…」の造像銘があり,安原王9 (539) 年に千仏信仰を背景として,高句麗の平壌で造られたものであろう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

延嘉年銘金銅如来立像の関連キーワード閑麗水道慶尚南道金泳三南原昌原統営阪本栄一孫牧人慶尚道海北海南道宣慰司

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone