コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延年舞 エンネンマイ

大辞林 第三版の解説

えんねんまい【延年舞】

寺院芸能の一。平安中期に興り、鎌倉・室町時代に最も栄えた。延暦寺・興福寺などの寺院で、大法会のあとの大衆だいしゆの猿楽や稚児の舞などによる遊宴歌舞の総称。のちに遊僧と呼ばれる専業者が出現し、中国の故事に題材をとる風流ふりゆうや連事れんじなどは能楽の形式に影響を与えたといわれる。現在も地方の寺院にわずかに残っている。延年。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

延年舞の関連キーワード糸縒り・糸撚り延年[毛越寺]連ね・列ね風流・浮立厳島延年稚児延年つらね糸縒り興福寺延暦寺大法会総称寺院能楽故事連ね風流遊僧

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

延年舞の関連情報