延年舞(読み)エンネンマイ

大辞林 第三版の解説

えんねんまい【延年舞】

寺院芸能の一。平安中期に興り、鎌倉・室町時代に最も栄えた。延暦寺・興福寺などの寺院で、大法会のあとの大衆だいしゆの猿楽や稚児の舞などによる遊宴歌舞の総称。のちに遊僧と呼ばれる専業者が出現し、中国の故事に題材をとる風流ふりゆうや連事れんじなどは能楽の形式に影響を与えたといわれる。現在も地方の寺院にわずかに残っている。延年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えんねん‐まい ‥まひ【延年舞】

〘名〙 寺院芸能の一つ。僧侶、稚児たちが行なった歌舞。平安中期に起こり、鎌倉、室町時代に盛んに行なわれた。比叡山の延暦寺、奈良の東大寺・興福寺その他の大寺で、大法会(だいほうえ)のあとの遊宴の席で、余興として演じられたもの。伴奏楽器は銅鈸子(どうばっし)、鼓など。その種類は多く、のちには遊僧(ゆそう)という専門家も現われた。能楽中にもとり入れられている。延年。延年の舞。〔随筆・遠碧軒記(1675)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

延年舞の関連情報