コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊僧 ゆそう

5件 の用語解説(遊僧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊僧
ゆそう

遊芸にすぐれた僧侶。平安時代初期から室町時代初期にかけて寺院芸能である延年が盛んに行われたが,このとき芸能に長じた僧侶が中心となって舞や歌を演じ,これを遊僧とも狂僧ともいった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐そう〔イウ‐〕【遊僧】

延年舞などの遊芸をする僧。
「もとより弁慶は、三塔の―」〈謡・安宅

ゆ‐そう【遊僧】

ゆうそう(遊僧)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうそう【遊僧】

延年えんねん舞などの遊芸を行なった僧。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遊僧
ゆそう

延年(えんねん)に際して演芸する芸能僧で、狂僧(きょうそう)ともいう。「遊(あそぶ)」はもと鎮魂歌舞を意味することばだが、狂は日常的な生活態度に対して異常なる行動で、仏事の正行(しょうぎょう)に対しては非正行なる仏事付帯の演芸行為をさしたものである。延年は遐齢(かれい)延年に由来するといわれ、芸能によって心を和め寿福増長を図るとする考えに基づき、平安末期から中世なかばまで南都北嶺(ほくれい)の諸大寺において法会(ほうえ)の後宴として行われた芸能大会であった。内容は舞楽(ぶがく)仕立てであったが、能もあり、また連事(つらね)、大風流(おおふりゅう)、小風流(こふりゅう)などのように演劇も行われた。弁慶は比叡山(ひえいざん)の遊僧であった。[西角井正大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の遊僧の言及

【延年】より

…素材的にも能と初期の延年風流とは相重なるものがほとんどなく,成立の比較的新しいと思われる《多武峰延年詞章》中のいくつかが能の素材と重なる程度である。
[遊僧と延年]
 延年は寺僧によって演ぜられることを本則とするもので,鎌倉初期の児や大衆はもちろん,風流や連事という劇形態の延年芸も寺僧によって作られ,演ぜられたのである。だが,そこには専門の芸能者の関与もあったことは注目すべきであろう。…

※「遊僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone