コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建切網 たてきりあみ

1件 の用語解説(建切網の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たてきりあみ【建切網】

魚の群れを海底から水面まで仕切って囲み,漁獲する帯状の大網。網裾には沈子(いわ)がつき,建てる網の丈はほぼ水深に準ずる。漁法は湾を利用したものが多い。まず湾口・湾内で網を半円状に建て回し,湾に入った回遊魚の退路を塞ぎ,次に網の内部に漁船を乗り入れ,引網,敷網,刺網,タモ網などで漁獲する。この漁法の特徴から〈塞ぎ網〉ともいう。湾に恵まれない漁場では,まず魚群を網船で建て回してから漁獲する。建切網漁の特徴は,最少でも2種以上の漁網を併用すること,また建切網内部で用いる漁網や捕らえる魚の種類によって違いがあるが,他の網漁に比べ操業規模が大きいこと,である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の建切網の言及

【定置網漁業】より

… 出し網類は垣網だけを敷設したもので,垣網によって誘導された魚群は巻網,敷網,刺網などで漁獲するものである。建切網ともいう。このほか内湾・入江などの浅い所に網を立て,潮の干満を利用して漁獲をはかる網を建干網というが,これも出し網類に分類される。…

※「建切網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

建切網の関連キーワード餌床魚群群泳水深中仕切り人群れ水足群れ飛ぶ群れらか喫水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone