建切網(読み)たてきりあみ

世界大百科事典 第2版の解説

たてきりあみ【建切網】

魚の群れを海底から水面まで仕切って囲み,漁獲する帯状の大網。網裾には沈子(いわ)がつき,建てる網の丈はほぼ水深に準ずる。漁法は湾を利用したものが多い。まず湾口・湾内で網を半円状に建て回し,湾に入った回遊魚退路を塞ぎ,次に網の内部に漁船を乗り入れ,引網敷網刺網,タモ網などで漁獲する。この漁法の特徴から〈塞ぎ網〉ともいう。湾に恵まれない漁場では,まず魚群網船で建て回してから漁獲する。建切網漁の特徴は,最少でも2種以上の漁網を併用すること,また建切網内部で用いる漁網や捕らえる魚の種類によって違いがあるが,他の網漁に比べ操業規模が大きいこと,である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の建切網の言及

【定置網漁業】より

… 出し網類は垣網だけを敷設したもので,垣網によって誘導された魚群は巻網,敷網,刺網などで漁獲するものである。建切網ともいう。このほか内湾・入江などの浅い所に網を立て,潮の干満を利用して漁獲をはかる網を建干網というが,これも出し網類に分類される。…

※「建切網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android