コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建国方略 けんこくほうりゃくJian-guo fang-lüe; Chien-kuo fang-lüeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建国方略
けんこくほうりゃく
Jian-guo fang-lüe; Chien-kuo fang-lüeh

中華民国成立後も革命を継続しつつあった孫文が革命から建設までの構想を示した著書。『心理建設』 (1918序) ,『物質建設』 (21序) ,『社会建設』 (17序) の3部から成る。『心理建設』は『孫文学説』ともいい,革命精神の振起を促すもの,『社会建設』は民主主義の基本としての集会,討論の方法を説明し,『物質建設』では外国資本を利用して中国の富源を開発し,世界平和を実現しようという計画を述べている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建国方略
けんこくほうりゃく

中国、孫文(そんぶん/スンウェン)の著した『心理建設』(1917)、『物質建設』(1918)、『社会建設』(1921)の3部を総称したもの。「知難行易」(知ルハ難ク、行フハ易(やす)シ)による革命の実践論、国際共同投資による経済開発計画、および会議運営などの民権の初歩を、それぞれ述べている。辛亥(しんがい)革命(1911)、第一次世界大戦から1920年代の国民革命への転換期に大きな影響を与えた。[加藤祐三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone