建畠晢(読み)たてはた あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建畠晢 たてはた-あきら

1947- 昭和後期-平成時代の美術評論家,詩人。
昭和22年8月1日生まれ。彫刻家・建畠覚造の子。新潮社勤務をへて,昭和51年国立国際美術館研究員。平成3年多摩美大教授。17年国立国際美術館館長。同17年詩集「零度の犬」で高見順賞。23年京都市立芸術大学学長。25年「死語のレッスン」で萩原朔太郎賞。京都府出身。早大卒。著作に評論集「問いなき回答」「未完の過去」,詩集に「余白のランナー」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建畠晢の関連情報