コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建畠晢 たてはた あきら

1件 の用語解説(建畠晢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建畠晢 たてはた-あきら

1947- 昭和後期-平成時代の美術評論家,詩人。
昭和22年8月1日生まれ。彫刻家・建畠覚造の子。新潮社勤務をへて,昭和51年国立国際美術館研究員。平成3年多摩美大教授。17年国立国際美術館館長。同17年詩集「零度の犬」で高見順賞。23年京都市立芸術大学学長。25年「死語のレッスン」で萩原朔太郎賞。京都府出身。早大卒。著作に評論集「問いなき回答」「未完の過去」,詩集に「余白のランナー」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

建畠晢の関連キーワード2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A学校教育法北朝鮮二・一スト日米関係ラジオドラマ議会議事録長寿化

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

建畠晢の関連情報