建築線(読み)けんちくせん(英語表記)building line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築線
けんちくせん
building line

建築・都市計画用語。計画道路および私道と建築物との位置関係を規制するために,それ以上突き出して建築することを禁じた基準線をいう。普通は道路側の敷地境界線を基準とするが,交通,防災,美観,環境の保護などの観点から敷地内へ引込んで定める場合もある。無秩序な都市の発達を防止し,健全な発達を助けることを意図した法制化は 1870年にドイツのアルトナに始る。日本は 1919年「市街地建築物法」第7条により規定されたが,50年「建築基準法」制定に伴い廃止,以後同法の壁面線がこれに代った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android