コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壁面線 へきめんせん

4件 の用語解説(壁面線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壁面線
へきめんせん

街区内の建築物の位置を整え,その環境の向上をはかるために,建築物の位置をそろえさせるための線 (建築基準法 46条1項) 。建築主事をおく市町村の長または都道府県知事が,建築審査会の同意と公開による聴聞を経て指定する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へきめん‐せん【壁面線】

街区内の建築物の位置を整え、町並みをそろえて環境の向上を図るため、法的に指定される線。この線を越える壁・柱・門などの建築はできない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

へきめんせん【壁面線】

建築基準法上、建築物の位置を整え環境の向上を図るために指定される、建築物の壁・柱・門などの位置を制限する線。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壁面線
へきめんせん

都市のなかで、建築物の位置を整え、町並みをそろえるなど、都市環境の向上を図る必要があると認められるときに決められる線のことで、建築審査会の同意を得て特定行政庁が指定する。個々の建築物の壁、柱、一定の高さ以上の門、塀は、この線より後退して建築されなければならない。指定の際には、あらかじめ一定の期日までに指定の計画などを公告し、その指定に利害関係を有する者の出頭を求めて公開による聴聞を行う。なお、地盤面下の部分や、特定行政庁が建築審査会の同意を得て許可した歩廊の柱などについては、その制限を受けない。[片方信也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壁面線の関連キーワード建築確認申請特定街区建築物建築士法高度利用地区地縄壁面の位置の制限パジョーの法則確認申請建築基準法第8条(維持保全)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone