建部賢文(読み)たけべ かたぶみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建部賢文 たけべ-かたぶみ

1522-1590 戦国-織豊時代の武将,書家。
大永(たいえい)2年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の佐々木義賢につかえ,青蓮院(しょうれんいん)流の能書家として知られる。のち豊臣秀吉の右筆(ゆうひつ)となり,聚楽第(じゅらくだい)の額に揮毫(きごう)し,また「源氏物語」を書写して豊臣秀次へ献上した。天正(てんしょう)18年9月21日死去。69歳。通称は伝内。法名は道孤。姓は「たてべ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android