コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建部賢文 たけべ かたぶみ

1件 の用語解説(建部賢文の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建部賢文 たけべ-かたぶみ

1522-1590 戦国-織豊時代の武将,書家。
大永(たいえい)2年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の佐々木義賢につかえ,青蓮院(しょうれんいん)流の能書家として知られる。のち豊臣秀吉の右筆(ゆうひつ)となり,聚楽第(じゅらくだい)の額に揮毫(きごう)し,また「源氏物語」を書写して豊臣秀次へ献上した。天正(てんしょう)18年9月21日死去。69歳。通称は伝内。法名は道孤。姓は「たてべ」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

建部賢文の関連キーワード窪田統泰中国演劇狩野永徳太田資正岩槻城安藤定正江戸北条氏照松田憲秀ムルシリ[1世]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone