コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建部賢文 たけべ かたぶみ

1件 の用語解説(建部賢文の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建部賢文 たけべ-かたぶみ

1522-1590 戦国-織豊時代の武将,書家。
大永(たいえい)2年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の佐々木義賢につかえ,青蓮院(しょうれんいん)流の能書家として知られる。のち豊臣秀吉の右筆(ゆうひつ)となり,聚楽第(じゅらくだい)の額に揮毫(きごう)し,また「源氏物語」を書写して豊臣秀次へ献上した。天正(てんしょう)18年9月21日死去。69歳。通称は伝内。法名は道孤。姓は「たてべ」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

建部賢文の関連キーワード織豊時代安宅康重今井信俊大木知光佐知景則原胤成本庄慶秀本多光典正木正康山本成行

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone