コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建野郷三 たての ごうぞう

2件 の用語解説(建野郷三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建野郷三 たての-ごうぞう

1842*-1908 幕末-明治時代の武士,官僚,実業家。
天保(てんぽう)12年12月1日生まれ。豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩士。第2次幕長戦争の際,赤心隊を結成する。明治3年イギリスへ留学。のち大阪府知事,アメリカ公使兼メキシコ公使をつとめる。退官後神戸商業会議所会頭,門司鉄工社長などをつとめた。明治41年2月16日死去。68歳。本姓は渡辺。前名は牧野弥次郎左衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

建野郷三

没年:明治41.2.16(1908)
生年:天保12.12.1(1842.1.12)
明治期の官僚,実業家。豊前国小倉(福岡県北九州市)に生まれ,本姓は渡辺だが牧野家で養われ,のち建野健三の養子となる。慶応2(1866)年第2次長州征討の際に小倉藩士として長州軍と交戦し,小倉落城後の長州軍による世子人質要求に対して赤心隊を結成し徹底抗戦を説いた。維新後明治3(1870)年から英国に留学し,帰国後,10年宮内省御用掛。西南戦争(1877)に従軍し,米国前大統領グラントの訪日に際し接伴掛を務めた。13年大阪府知事に転じ約10年間の在任中市区改正などに治績を挙げたが,築港事業に挫折し自ら転任を希望した。のち元老院議官を経て駐米公使となり日清開戦(1894)まで条約改正に尽力,退官後は神戸商業会議所会頭などを務めた。<参考文献>歴代知事編纂会『日本の歴代知事』

(長井純市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建野郷三の関連キーワード豊前国豊前小笠原貞通小笠原忠真蔵内次郎作島村浅夫高田吉近古市宗理(初代)安広一郎八隅正名

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone