コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式年遷宮祭 しきねんせんぐうさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

式年遷宮祭
しきねんせんぐうさい

一定の期間ごとに社殿を新造し,旧社殿の神儀を移すことを式年遷宮という。そのとき行なわれる祭り。伊勢神宮が 20年目ごとに行なう遷宮祭が最も著名で大規模なもの。諸殿舎(内宮,外宮の本宮のほかに別宮 14社,摂末社 67社,所管社 42社,合わせて 125社)を新しく建て替え,神宝,装束を一新し,神体を旧殿舎から新殿舎に遷座する。朱鳥4(690)年から 1200年以上続き,2013年10月の遷宮は 62回目。唯一神明造(→神明造)の社殿や神宝,装束は,20年ごとにつくり替えられてきたために,よく古代の様式を伝承している。遷宮の根本精神は「神のよみがえり」にある。(→式年造替

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しきねんせんぐうさい【式年遷宮祭】

一定の期間をおいて新殿を造営し、旧殿から新殿へ神体を移す祭祀さいし。伊勢神宮では20年ごと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

式年遷宮祭の関連キーワード式年祭山口祭遷座祭

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android