式楽(読み)しきがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

式楽
しきがく

儀式用に用いられる芸。寺社の宗教行事に付随している音楽や,平安時代の宮廷の行事の一部として固定化された雅楽も式楽であるが,江戸時代において江戸幕府が能を武家の式楽として規定したのが有名で,式楽といえば能をさすことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しきがく【式楽】

儀式に用いられる音楽や舞踊。能楽は徳川幕府の式楽であった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しき‐がく【式楽】

〘名〙 儀式に用いる音楽や舞踊。江戸幕府での能楽など。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉下「能楽は、古へ幕府の式楽として用ひられ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

式楽の関連情報