コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式目抄 しきもくしょう

2件 の用語解説(式目抄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

式目抄
しきもくしょう

御成敗式目』の注釈書。3巻。清原宣賢が天文3 (1534) 年に撰した。『御成敗式目抄』『貞永式目諺解』とも呼ばれる。現存する注釈書のうちでは最もよいものとされるが,清原家が公家社会の学者の家柄であったこともあって,武家社会の実用的な注釈書であるとはいえない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しきもくしょう【式目抄】

御成敗式目》の註釈書。《御成敗式目抄》ともいう。清原(舟橋)宣賢(のぶかた)の著作。1534年(天文3)成立。従来の式目註釈書が漢文体であるのに対しかたかな交り文であること,式目追加を重視していること,などに重要な特色がみられる。著者清原宣賢は式目註釈学の集大成者といってよく,本書に数多く引用された漢籍,図書,仏典の知識から広博な教養が知られる。なお《続史籍集覧》第2冊所収の《清原枝賢奥書式目抄》は宣賢の註釈であると枝賢(宣賢の孫)奥書はいうが,内容に相違点が多く別本とすべきである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone