コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弓張岳 ゆみはりだけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弓張岳
ゆみはりだけ

長崎県佐世保(させぼ)市の西部にある山。標高364メートル。第三紀層上に玄武岩を噴出している山で、その境界は標高300メートル付近。標高280メートルの集落弓有(ゆみあり)付近には湧水(ゆうすい)による溜池(ためいけ)があり、水田も開かれている。山頂部は緩傾斜をなし、展望台から眼下に佐世保市街地、佐世保港、さらに西方九十九(くじゅうく)島を望む景観は絶佳。付近に弓張公園、ホテルがあり、西海(さいかい)国立公園に含まれる。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弓張岳の関連情報