コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西海国立公園 さいかいこくりつこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西海国立公園
さいかいこくりつこうえん

長崎県の西部,五島列島平戸島九十九島など大小約 400の島々を含めた自然公園。面積 246.46km2。1955年指定。九十九島は大小 200島が密集して美しい多島海風景を見せ,石岳(197m),烏帽子岳(568m),弓張岳(364m)などは好展望台。五島列島は壮大な規模の海食崖海食洞と岩石海岸が中心。福江島玉之浦湾は長さ 12kmに及ぶ深い入江,中通島若松島の間の若松瀬戸は 14kmの海峡で,多くの入江と 30の島々をもち,いずれも沈降による代表的な溺れ谷景観を示している。公園のもう一方の特色は,特異な火山地形が多いことで,福江島の鬼岳(315m)付近には楯状火山臼状火山(→砕屑丘)など火山の模型的なものがあり,嵯峨ノ島では火山の内部構造がうかがえる。気候が温暖なため,アコウビロウヘゴなどの亜熱帯植物が多く,久賀島のツバキ林,平戸島のサザンカ林は特に美しい。大村湾口の針尾瀬戸には西彼杵半島針尾島を結ぶアーチ式の西海橋がある。平戸島には南蛮貿易キリシタン関係の史跡が多い。福江海域公園地区若松海域公園地区がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

西海国立公園【さいかいこくりつこうえん】

長崎県北部の平戸島九十九島,および五島列島の一部を占める国立公園。面積246.36km2。1955年指定。平戸島にはリアス海岸が発達,オランダとの貿易,キリシタン関係の史跡に富み,九十九島は松におおわれた小島の多島海の展望が美しい。
→関連項目北松浦半島小佐々[町]鹿町[町]玉之浦[町]長崎[県]中通島奈良尾[町]平戸[市]若松[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さいかいこくりつこうえん【西海国立公園】

長崎県北西岸および沖合の五島列島・平戸島などを含む国立公園。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕西海国立公園(さいかいこくりつこうえん)


長崎県西部沿岸の国立公園。北松浦(きたまつうら)半島西海岸・五島(ごとう)列島・平戸(ひらど)島・九十九(くじゅうく)島などからなる。陸域面積2万4646ha、海中公園5ヵ所計30.4ha。1955年(昭和30)指定。九十九島ほか大小400余の島々を含み、外洋性の多島海景観が特徴。五島列島は海食崖(かいしょくがい)・海食洞が発達。アコウ・ハマトラノオ・ヘゴ・ツバキなど豊かな植物相をもつ。室町(むろまち)・戦国期の南蛮(なんばん)貿易やキリシタン関係の史跡も多い。長崎・佐世保(させぼ)が観光周遊の玄関口。各島フェリー便によって結ばれるほか、福江(ふくえ)島・上五島(かみごとう)へは空路の便もある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西海国立公園
さいかいこくりつこうえん

長崎県の五島(ごとう)列島、平戸(ひらど)島、北松浦(きたまつうら)半島の西部海岸および九十九(くじゅうく)島を含む大小400余の島々からなる国立公園で、海洋美を誇る。1955年(昭和30)指定。総面積246.46平方キロメートル。
 西海の島々は古くから大陸との交流が行われ、庇羅(ひら)島(平戸島)、相子田(あいこのた)(南松浦郡新上五島(しんかみごとう)町青方(あおかた)港)、橘(たちばな)浦(新上五島町三日ノ浦(みかのうら))、川原(かわら)浦(五島市白石湾)、美弥良久(みみらく)(五島市柏(かしわ)港)などは遣唐使の寄港地であり、西の高野(こうや)とよばれる大宝(だいほう)寺(五島市)は空海(弘法(こうぼう)大師)の、芦浦(あしのうら)(平戸市)は栄西(えいさい)の上陸地点として知られる。日蘭(にちらん)貿易の史跡には、オランダ商館跡、オランダ埠頭(ふとう)、オランダ塀、オランダ井戸、幸(さいわい)橋、常灯(じょうとう)ノ鼻などが、松浦(まつら)氏の城下町平戸にあって平戸(亀岡(かめおか))城とともに平戸観光の中心をなしている。中世に広まったキリシタンは、西海の島々に潜伏し、現在は天主堂をもつカトリック集落が散在し、異国情緒が色濃く残っている。西海を拠点として東シナ海一帯を荒らした倭寇(わこう)に関連する史跡も多く、六角井戸(五島市)、勘次(かんじ)ヶ城(五島市)や鄭成功(ていせいこう)誕生地(平戸市千里ヶ浜)などが分布する。チャンココ(五島市)、オーモンデー(嵯峨(さが)ノ島)、ジャンガラ(平戸市)などの念仏踊が、国や県の無形民俗文化財に指定されている。
 西海の自然景観の特性は、リアス式海岸の海洋美に集約されるが、若松瀬戸や九十九島ではとくに著しい溺(おぼ)れ谷(だに)で、その多島海の景観は日本随一であり、波静かな入り江には、真珠やハマチ、タイなどの養殖の筏(いかだ)が優れた自然美に点景を添えている。これらの展望所としては、竜観(りゅうかん)山、三王(さんのう)山(雄岳(おすだけ))、弓張(ゆみはり)岳、石岳、冷水(ひやみず)岳などがあげられる。ついで、東シナ海の波濤(はとう)がまともに打ち寄せる岩石海岸の勇壮な景観があげられる。高さ130メートルに及ぶ嵯峨ノ島の断崖(だんがい)や、100メートルの断崖が延々20キロメートルにわたって連なる大瀬崎(福江(ふくえ)島)の海食崖がそれである。火山地形にも特異なものがあり、京ノ岳はアスピーテの完全な形態を示す点では、日本唯一のもので、鬼岳(おんだけ)、箕(み)岳や上五島の曽根(そね)火山は典型的なホマーテ火山であり、小値賀(おぢか)島は、小さな火山砕屑丘(さいせつきゅう)が十数個集合してできた火山島である。対馬(つしま)暖流に洗われる島々は照葉樹林が多く、亜熱帯植物の群生もみられ、阿値賀(あじか)島(平戸市)は島全体の原始性によって国の天然記念物(天然保護区域)に指定され、ほかにも黒子(くろこ)島原始林(平戸市)、奈留島権現山樹叢(なるしまごんげんやまじゅそう)(五島市)、奈良尾(ならお)のアコウ(新上五島町)などが国の天然記念物である。
 西海の特色ある産業景観としては、原初的耕作を示すものといわれる円畑(まるばた)(丸い畑)が五島市に広範囲に分布し、また島々には牧牛景観がみられ、島牛(五島ウシ、小値賀ウシ、宇久ウシ、平戸ウシ)の名がある。
 交通路は福岡空港、長崎空港から福江空港への空路のほか、長崎港、佐世保(させぼ)港、博多港から各地への航路がある。九十九島へは、鹿子前(かしまえ)(佐世保市)、西海橋および平戸港から観光船が出航、平戸島と本土との間には平戸大橋が架けられている。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西海国立公園の関連キーワード大瀬崎(長崎県)九十九島動植物園小佐々[町]上五島[町]長崎県西海市奈良尾[町]九十九島かき新上五島町若松[町]荒川温泉志々伎崎武雄温泉小値賀町竹ノ子島屋根尾島小佐々植物相野崎島上五島西海市

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西海国立公園の関連情報