引喩法(読み)いんゆほう

  • いんゆほう ‥ハフ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 修辞法の一つ。故事、成語などを引用して文飾とし、また表現に奥行をもたらす方法。引用部分を明示するものと暗示にとどめるものとがある。→隠引法引用法
※新美辞学(1902)〈島村抱月〉二「引喩法とは古人の成語または故事を挿みて文を装飾するの謂なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android