コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引抜き ひきぬき

2件 の用語解説(引抜きの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引抜き
ひきぬき

歌舞伎の仕掛け衣装の一種。演技中,一瞬のうちに衣装を替える特殊な仕掛け。衣装の上へ別の衣装を綴じつけておき,綴じ糸の末端につけておいたつまみの玉を引いて,帯の上下の衣装を除去する。つまみの玉は両裾,両袖口,両脇の下 (八ツ口) ,両腰と計8個ある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひき‐ぬき【引(き)抜き】

引っ張って抜き取ること。
他に属している者を自分の方に所属させること。「有能な技術者の引き抜き
歌舞伎および舞踊の演出で、上の衣装にしつけた糸を抜き取り、すばやくはがして下の衣装に変わること。また、その衣装。
鋼材・鋼管などを作るとき、型の穴を通して引っ張り、所定の形や太さにする加工法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の引抜きの言及

【大谷広次(大谷広治)】より

…11年(正徳1),2世市川団十郎から荒事の芸を譲られ,以来,嫌味がなく,小気味のよい実事の芸風を開拓。一方,17年(享保2)夏末,江戸市村座の《国性爺》に水がらくりを用いたり,27年冬,江戸中村座の《八棟(やつむね)太平記》で雪中のセリ出しを試みたり,31年春,同座の《傾城福引名護屋》では,立回りのうちに,世話から時代へと衣装を変える引抜きを工夫するなど,演出面にもさまざまな創意を見せた。(2)2世(1717‐57∥享保2‐宝暦7) 初名辰松文七。…

【歌舞伎】より

…桜,梅,紅葉などの〈釣枝(つりえだ)〉を舞台の上から吊り下げたり,灯入りの月を出す大道具のくふうもある。また,鬘に〈がったり〉といって髷(まげ)の根が落ちて形が崩れる仕掛けや,《東海道四谷怪談》の〈髪梳き〉で使われる,髪が抜け落ちる仕掛けなどがあり,衣裳に〈引抜き〉や〈ぶっ返り〉の仕掛けがある。大道具には,〈屋体くずし〉や〈煽り返し(あおりがえし)〉の特殊技法のほか〈提灯抜け〉〈仏壇返し〉などの仕掛けも行われている。…

※「引抜き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

引抜きの関連キーワード抜き取る・抜取る引っ張り引っ張り込む引っ張り出す抜取り抜穂引抜く引っ張り凧引っ張り餅抜毛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

引抜きの関連情報