コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弟子丸竜助 でしまる りゅうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弟子丸竜助 でしまる-りゅうすけ

1838-1862 幕末の武士。
天保(てんぽう)9年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。薬丸流の剣法をまなぶ。西郷隆盛を尊敬する熱心な尊王攘夷(じょうい)派。文久2年4月23日の寺田屋事件の際,島津久光の命をうけた鎮撫使(ちんぶし)のひとり大山綱良(つなよし)に殺された。25歳。本姓高城。名は方行。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

弟子丸竜助の関連キーワード天保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android