コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弟子丸竜助 でしまる りゅうすけ

1件 の用語解説(弟子丸竜助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弟子丸竜助 でしまる-りゅうすけ

1838-1862 幕末の武士。
天保(てんぽう)9年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。薬丸流の剣法をまなぶ。西郷隆盛を尊敬する熱心な尊王攘夷(じょうい)派。文久2年4月23日の寺田屋事件の際,島津久光の命をうけた鎮撫使(ちんぶし)のひとり大山綱良(つなよし)に殺された。25歳。本姓は高城。名は方行。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

弟子丸竜助の関連キーワード池田留吉小田彦三郎榊鉞三郎西川升吉西田直五郎丹羽精蔵広木松之介三浦権太夫森五六郎渡辺義助

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone