コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾き猿 ハジキザル

2件 の用語解説(弾き猿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はじき‐ざる【弾き猿】

棒に括(くく)り猿を抱きつかせ、下から竹のばねをはじいて猿を昇り降りさせる玩具。東京柴又・宮城気仙沼などの土産として有名。江戸時代幟猿(のぼりざる)の着想から生まれたもの。猿はじき。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弾き猿
はじきざる

棒に紅布製の括(くく)り猿を抱きつかせ、下から竹ばねをはじいて猿を昇り降りさせる玩具(がんぐ)。猿弾きともいう。江戸時代の明和(めいわ)(1764~72)の末に出現した幟猿(のぼりざる)(五月節供の外飾りにつける猿)の着想から生まれた。江戸中期以後、外飾り幟が室内飾りに転移し、幟猿がしだいに衰退したのにかわって流行した。ことに「はじきざる」の語呂(ごろ)が、災いを「弾き去る」という俗信に結び付き、縁起物として迎えられた。
 かつては郷土玩具として全国各地にみられたが、その多くがすでに姿を消している。現在では、宮城県気仙沼(けせんぬま)市唐桑(からくわ)町御崎(おさき)神社の祭礼(1月14~15日)に売られる唐桑の弾き猿、東京都葛飾(かつしか)区柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)の弾き猿、三重県松阪(まつさか)市の厄除(やくよ)け観音岡寺山(おかでらさん)継松寺で、旧暦初午(はつうま)の日(3月中旬)に露店で売られる松阪の猿弾きなどが代表的である。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弾き猿の関連キーワード石を抱きて淵に入る送り猿括り猿千疋猿薪を抱きて火を救う孫抱き猿幟抱き笹抱き守中六天に括る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone