コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴又 シバマタ

世界大百科事典 第2版の解説

しばまた【柴又】

東京都葛飾区東部の地名。江戸川と中川にはさまれた低地にある。721年(養老5)の《正倉院文書》に載る〈嶋俣〉を柴又に当てる説が有力である。戦国時代には柴俣となり,江戸時代中期以後,柴又と書かれるようになった。明治に入って1878年から南葛飾郡に属し,1889年から金町村の大字となった。現在の柴又町の町名がつけられたのは1932年である。1629年(寛永6)に創建された日蓮宗の題経(だいきよう)寺(柴又帝釈天)は庚申待ちの信仰と結びついて,江戸時代後期から参詣者がふえ,1913年京成金町線の開通により,柴又はその門前町としてにぎわうようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴又
しばまた

東京都葛飾(かつしか)区東部、江戸川に臨む地区。江戸川・中川間の低地で、古くは入り江でいくつかの島が点在したことから嶋俣(しままた)とよばれ、その後、柴俣、芝又と記され、1629年(寛永6)創建の題経寺(だいきょうじ)(柴又帝釈天(たいしゃくてん))の門前町として知られるようになった。帝釈天のほか柴又八幡社(はちまんしゃ)、矢切(やぎり)の渡し、川魚料理で親しまれている。JR常磐(じょうばん)線金町(かなまち)駅を起点とする京成(けいせい)電鉄金町線と、北総鉄道北総線が通る。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

柴又の関連キーワード葛飾柴又 寅さん記念館上智大生殺害事件東京都葛飾区柴又京成電鉄(株)本田 美奈子東京都葛飾区二葉 喜太郎男はつらいよ松風 千枝子佐藤蛾次郎吉永小百合佐山 俊二下条 正巳松村 達雄二葉喜太郎松戸(市)葛飾(区)森川 信笠 智衆山田洋次

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柴又の関連情報