コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾力関税 だんりょくかんぜい elastic tariff

2件 の用語解説(弾力関税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弾力関税
だんりょくかんぜい
elastic tariff

法律に定める条件のもとで,行政府が一定の範囲内で実行関税率を変更できる関税制度。特定の商品の輸入が急激にふえたときや,農産物などのように大幅な価格変動をきたしやすい国産品を輸入品から保護する必要があるときに,即効的な関税率の変更を包括的に行おうとするもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弾力関税
だんりょくかんぜい
elastic tariff

法律が定める一定の条件のもとで、政府が行政権限に基づいて関税率をある範囲内で上げたり下げたりすることのできる制度。これは輸入品の急激な変化に対し、関税の保護機能が即効的に作用することをねらって設けられるものである。わが国の例としては関税定率法第12条の規定がある。これは生活関連物資について、輸入価格が急激に騰貴した場合、商品および期間を指定して関税を軽減または免除することができる旨の規定で、国民生活の安定を図ることを目的とするものである。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弾力関税の関連キーワード委任立法屈伸制限制度平価執行命令制定停止条件法令決って具体的真理特別条件

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone