コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾左衛門(初代)(読み)だんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弾左衛門(初代) だんざえもん

?-? 江戸時代前期の穢多(えた)頭。
徳川家康につかえ,幕府の威光のもとに関八州と伊豆(いず)全域および駿河(するが),甲斐(かい),陸奥(むつ)の一部の穢多(長吏)・非人を支配した。皮革・灯心の製造・専売の特権をもち,幕府から被差別民衆に対する徴税権,司法権をゆだねられていた。代々弾左衛門を襲名。名は集房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android