弾道ミサイルの早期警戒システム(読み)だんどうみさいるのそうきけいかいしすてむ(英語表記)(Ballistic Missile) Early Warning System

知恵蔵 の解説

弾道ミサイルの早期警戒システム

弾道ミサイル発射探知警報を発し、迎撃システムにミサイルの飛来データを送るシステム。探知には赤外線かレーダーが用いられる。宇宙空間設置型、空中型、陸上・海上設置型がある。地球の丸みの関係から、最も早く探知できるのは宇宙空間設置型で、常時監視態勢にはセンサー静止軌道に設置するか、多数のセンサー衛星を周回軌道に上げて、連続して同一地域をカバーできるようにする必要がある。米国は1960年代から赤外線望遠鏡を積んだ早期警戒衛星(DSP衛星:Defense Support Program)を静止軌道に打ち上げている。後継型として、静止衛星と周回型衛星とを組み合わせるSBIRDS‐High衛星システムが開発中で、2007年以後に打ち上げが始まる予定。日本が北朝鮮から発射された弾道ミサイルを早期に探知するには、飛翔時間が短い(4〜10分)ために宇宙からの監視が不可欠だが、米国は太平洋上の静止軌道にあるDSP衛星からの情報を日本にも与えるとしながら、生情報の形で提供されるのかは不明。イスラエルは1996年からインド洋上の静止軌道にあるDSP衛星の生情報を提供されている。空中設置型は航空機無人機飛行船気球などにレーダーまたは赤外線センサーを搭載する方式。陸上・海上設置型はレーダーが使われる場合が多く、アリューシャン列島のシムヤ島に設置されている米国のコブラ・ディーン型レーダーや、イージス艦のレーダーが代表的な存在

(江畑謙介 拓殖大学海外事情研究所客員教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android