コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無人機 ムジンキ

4件 の用語解説(無人機の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むじん‐き【無人機】

人が搭乗せず、遠隔操作や自動操縦で動く、航空機・車両・船艇・宇宙探査機などをいう。UAV(unmanned aerial vehicle/unmanned air vehicle)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

無人機

操縦士は搭乗せず、遠隔操作で動かす無人航空毅軍用の無人機は偵察や攻撃などに使われる。戦場で攻撃を受けても人的被害もなく、効率的な情報収集などができる利点がある。一方、パキスタンなどでは米軍無人機の誤爆で、民間人の犠牲者が相次ぎ問題化している。

(2011-08-17 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

無人機【むじんき】

ドローンとも。人が乗らず,地上または母機からの無線操縦か,記憶装置の航行データで自動操縦される航空機。主用途は標的用,偵察用などで,後者は航空カメラ赤外線探知機,テレビカメラなどを積載。
→関連項目偵察機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

無人機の関連キーワード遠隔操作無線操縦レスキューロボット操作操縦士カイトフォトターゲットドローン遠隔操作ロボット遠隔操縦研究機遠隔操縦無人機

無人機の関連情報