コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当作歩方制 とうさくぶかたせい

1件 の用語解説(当作歩方制の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうさくぶかたせい【当作歩方制】

幕末から明治期にかけて,備前児島半島の野崎浜(元野崎浜は倉敷市児島味野,東野崎浜は玉野市山田)でみられた特殊な地主小作制。野崎浜では1塩戸(1軒前)に3種類の当作人が存在し,それぞれ権利を意味する歩方が付与せられていた。一つは担当人と呼ばれる直接生産者の歩方,一つは地主である野崎家の親類や野崎家に対し功労のあった者に恩恵的に与えられる歩方,一つは元方(もとかた),すなわち野崎家自身の歩方である。それぞれの歩方が5歩,4歩,1歩であった場合,仮にその浜で100円の利益があがると,歩方に応じて50円,40円,10円と配分し,逆に損失を生じた場合は歩方に応じて負担する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

当作歩方制の関連キーワード船師古備前舎密銭札段袋天神髷博多俄五港図合船早付木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone