コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当山久三 とうやま きゅうぞう

3件 の用語解説(当山久三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

当山久三 とうやま-きゅうぞう

1868-1910 明治時代の教育者,社会運動家。
尚泰王21年11月9日生まれ。生地の沖縄県金武(きん)村で教職につく。明治31年上京するが,翌年帰郷して謝花(じゃはな)昇らと民権運動を展開。奈良原繁県知事の弾圧で運動は挫折,以後ハワイへの移民運動をすすめ,県移民の父とよばれる。明治43年9月17日死去。43歳。沖縄尋常師範卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

当山久三

没年:明治43.9.17(1910)
生年:尚泰21.11.9(1868.12.22)
近代沖縄の移民の父と称される人物。沖縄本島北部の金武の農家に生まれ,師範学校を出て教師となった。国頭郡長と対立して教職を辞め上京,そのころから移民問題に関心を持つ。沖縄社会の改革を目指す謝花昇と出会いその運動に参加したが,運動の挫折後は移民問題に本格的に取り組んだ。明治32(1899)年に沖縄初の海外移民をハワイに送り出し,第2次のハワイ移民(1903)の際には自ら現地に赴き実情を視察した。このとき,詠んだ「いざ行かむ 吾等の家は五大州」は沖縄移民の合言葉となった。その後も移民会社の代理人となって各地に移民を送り出し,財をなした。酒造業にも進出し,県会議員に当選するなど成功を収めた。現在,世界各地に約25万人の沖縄系移民がいるが,その移民県沖縄の基礎を築いた人物として知られる。<参考文献>湧川清栄『沖縄民権の挫折と展開』

(高良倉吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とうやまきゅうぞう【当山久三】

1868~1910) 民権運動家。沖縄県生まれ。沖縄・東京で小学校校長をつとめ、のち謝花昇じやはなのぼるとともに民権運動に身を投じた。開墾・移民を奨励し、郷里の農民救済に尽くす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

当山久三の関連キーワード尚順沖縄開発庁沖縄本島名護大田昌秀沖縄ノート訴訟と教科書問題安里彦紀嘉数昇仲吉朝助沖縄の長かな

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone