コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当面の産業政策の要点に関する決定 とうめんのさんぎょうせいさくのようてんにかんするけってい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

当面の産業政策の要点に関する決定
とうめんのさんぎょうせいさくのようてんにかんするけってい

1989年3月に中国国務院が公布した産業構造調整にかかわる綱領的文献。業種・製品ごとに重点・制限・中止の発展序列を決め資金・物資・輸送などを傾斜的に配分することを明文化したものである。業種・製品の発展序列は,生産分野,基本建設分野,技術改造分野,対外貿易分野の4分野に分けて定められている。全体として短期の調整を主眼としていること,基幹産業に明確に重点を置いていること,中央の統制を強く打ち出していることが特徴である。国家計画委員会がその実施に当たっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

当面の産業政策の要点に関する決定の関連キーワードAPEC舟崎克彦スペースシャトル飛行記録レーザレーダ追突警報装置木島始ナショナル・センター[各個指定]芸能部門井上光晴大岡信温室効果

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android