当麻道(読み)たいまみち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

当麻道
たいまみち

大和(やまと)国(奈良県)と河内(かわち)国(大阪府)を結ぶ竹内(たけのうち)街道の別称。奈良県葛城(かつらぎ)市から竹内峠を経て大阪府南河内郡太子(たいし)町に至る古道。当麻衢(ちまた)にあたる葛城市長尾で東は横大路に接続する。『古事記』『日本書紀』に、難波宮(なにわのみや)で弟に襲われた履中(りちゅう)天皇が大坂道を通って大和に逃げようとしたが、少女に当麻道が安全なことを教えられて、「大坂に遇(あ)ふや少女(おとめ)を道問へば 直(ただ)には告(の)らず当麻道を告る」の歌をつくったとある。[明石一紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android