コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内峠 タケノウチトウゲ

デジタル大辞泉の解説

たけのうち‐とうげ〔‐たうげ〕【竹内峠】

大阪府南河内(かわち)郡太子(たいし)町と奈良県葛城(かつらぎ)市の府県境にある峠。標高289メートル。金剛山地の二上(にじょう)山雌岳(標高474メートル)南側に位置する。昔、飛鳥(あすか)の都と難波(なんば)を結ぶ交通の要所だった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府(奈良県)〕竹内峠(たけのうちとうげ)


大阪・奈良の府県境をなす金剛(こんごう)山地北部、二上(にじょう)山南側の鞍部(あんぶ)を越える峠。現在の国道166号の標高は288m。古代、難波津(なにわづ)と飛鳥(あすか)・藤原(ふじわら)京を結ぶ横大路(よこおおじ)が経由したとされる。北約1kmに『万葉集』に詠まれた二上山、東約2kmにボタンで名高い当麻(たいま)寺がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹内峠
たけのうちとうげ

奈良県と大阪府の境界にある峠。標高289メートル。金剛(こんごう)山地の二上(にじょう)山南側にあり、古代の官道、近世の竹内街道が通じていた。現在国道166号が通り、峠の直下をトンネルで南阪奈道路が通過する。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

竹内峠の関連キーワード竹内街道(たけのうちかいどう)葛城(市)竹内街道万葉集難波津二上山横大路当麻道鞍部

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android